じぶん銀行のカードローン

じぶん銀行

実質年率2.2%~17.5% 限度額800万円
保証人不要※300万円以下の場合 最短即日融資

※現在、お申込みの受付を停止しております。

二重登録の注意

じぶん銀行カードローン お申し込み・ご契約方法

  • じぶんローンは、限度額300万円までなら収入証明書不要
  • ※じぶん銀行口座をお持ちでないお客さまは本人確認書類を提出する必要があります。
  • 本人確認書類原則不要
  • わずらわしい書類の提出が原則不要でお申込みから契約までがネットで完結
  • 郵送による契約申し込み

どちらの条件で選ぶ!?「お金借りる」時の【2大条件】

銀行系消費者金融 銀行カードローン


銀行からお金を借りる方法

ちょっと前まで銀行からお金を借りるというのは住宅ローンを組むとかマイカーローン、教育ローンを組むといったような いわゆる目的ローンが多かったですよね。
しかし近年では、銀行もカードローンの利用者の増加に伴い多数の銀行で消費者金融と同じようなカードローン商品を 扱うようになってきました。

もちろん消費者金融に比べて審査は厳しいですがそれでも煩雑な手続きは簡素化され以前より利用もしやすくなっています。
使用用途も原則自由で決められた範囲内の金額でしたら何度でも繰り返し利用ができるカードローンは とても利便性が高く使い勝手も良いと評判です。では、これはどのようにしたら利用ができるのでしょうか。
銀行ごとに審査基準があるので一概には申し上げられませんが多くの銀行で下記の項目に当てはまることが条件となっているようです。

  • 年齢が満20歳以上65歳未満であること
  • 日本国内に居住していること
  • 原則として、安定した収入があること
  • (ただし学生や、主婦のような配偶者に収入がある場合など例外もあります)

  • 銀行指定の保証会社の保証を受けられること
  • 過去に金銭トラブルを起こしていないこと

これらがクリアできたらあとは銀行の審査に申し込めばOKです。
申込先の銀行は自分の一番重視するもの(借入限度額が高いところや低金利で借りられるところ等々)と合致するところを選びましょう。

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの大きな違いは運営母体が違うことです。
まず銀行は「銀行法」、消費者金融は「貸金業法」という規制のなかで運営をしています。
貸金業法では個人の借入総額が原則、年収の1/3までに制限される総量規制を受けますが銀行の場合は その総量規制の対象外となるのでより多くの金額の借入をすることが出来ます。

金額が大きくなるとやはり審査に時間は要しますが100万円以下の借入だったら早ければ即日融資をしてくれる銀行も増えてきました。
審査や申込手続きもすべてインターネットで行うことができ、来店も不要で借入までできるところもあります。

今まではすぐにお金が必要なら消費者金融へ!というイメージが強かったですが最近は銀行もスピーディーに手続きを進めてくれます。
しかも銀行ならではの低金利で借りることも出来、安心感・安定感も得られます。
銀行でお金を借りるのは決して高いハードルがあるわけではありません。 少しでも気になるところがあったら審査に申し込んでみてください。
いざというときの保険として1枚このカードを持っていても良いかもしれませんね。

このページの先頭へ