キャッシング用語集

どちらの条件で選ぶ!?「お金借りる」時の【2大条件】

銀行系消費者金融 銀行カードローン


▽豆知識▽最新貸付後残高とは現時点の総合計の借入額

同じ貸し付けという用語でも、キャッシングを利用すると様々な意味があります。
キャッシングの借り入れというのは、その人の年収や勤務状態によっていくら借りられるかというのが様々です。
100万円近く一度に借りられる方もいれば、10万円から始まる方もいるでしょう。
そしてその範囲内であれば、一度借りて返したあとも何度でも利用することが可能にもなります。
お金を借りる手続きをしたからといって1回で貸し借りが終わるわけではありません。
その分、その時以外にもお金に困った時には、またATMなどでカードを利用してキャッシングすることができます。
今借りている残高がいくらかあって、毎月のように返している場合にはその借りている額にプラスで、今回借りた額の残高がプラスされるようにもなる訳です。
そうすると今までの総額に今回借りた総額が、その時点での最新貸付後残高になるのです。
今回利用した額が30000円を利用したとしても、すでに借りているお金が200000円あれば、今回の最新貸付後残高は230000円になります。
そしてまたそこから返済を行っていくごとにこの金額も減っていき、どんどん0に近づいていきます。
少しずつ借りていると、借りられる範囲いっぱいにあっという間になってしまうこともあります。
ですので、明細表などが来た時にはこの最新貸付後残高をチェックして、今総額でお金をいくら借りているのかを把握することも大切になるのです。
把握しながらお金を借り、しっかりと返済できるようにしていきましょう。

このページの先頭へ